コラム 【ザ・階段】#2

コラム【ザ・階段】
水路横の地下通路(愛媛県)

水路横の地下通路

 この写真の右側にあるフェンスの向こう側には、滔滔(とうとう)と流れる水路が見えると思います。水深は結構深そうで、ちょっと水の怖さを感じる様な流れです。そしてすぐ脇のポッカリと口を開けた地下に続く階段。今回紹介するのはこの階段です。この階段は実は幹線国道の下をくぐって横断するための歩行者用通路だったようなのですが、いつ頃からか通行禁止になっていました。写真右下のバラ線が人の侵入を拒んでいます(写ってませんが通行禁止の看板も付いてます)。何年か前には通ることが出来て私も興味津々で通って見ましたが、薄暗く細い通路の壁には地下道にお決まりのカラースプレーによる落書きがありました。この整然とした直線で構成されたコンクリートの堅牢な構造物ですが、上の芝生部分から垂れてくる水の染み、劣化し始めている金属の手摺り、階段下の通路の溝の水たまりの苔などがほんのりと哀愁を漂わせています。そしてこの階段でいちばんグッとくるところは地下通路部分は横の水路の水面より低いであろうところです。壁のちょっと先は大量の水!想像するとなんか緊張します。

 なぜこの位置にこの通路を作ったのか…。なぜ今通行禁止なのか…。水路を作ったときについでに作ったのかなぁ…。水路が溢れたら地下道に水が来て怖いなぁ…。いろいろと思いがめぐります。付近は横断歩道も歩道橋もあるような場所で、この地下通路がなくても困るようなところではないのですが。むしろそれが使わなくなった理由かなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました